読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことがあるんだよ

言いたいことを吐き出すブログ

これまでの推しスタンス




推しによって自分のおたく性質がハチャメチャに変わってるのに気づいたので、これまでの推しスタンスについて話そうかなぁと思います。




はじめてお金を使って応援した人。小学五年生の時にヘキサゴンを見て好きになり、羞恥心の心くんガチ勢でした。CDDVDヘキサゴン関連は全て購入して、ヘキサゴン専用のビデオ作ってました。この頃から私のおたく心が生まれてたんでしょうね……。遊助名義になってからも同様にCD初回通常、DVD初回購入して雑誌も買ってましたし、ドラマも追っかけてました。ライブは1度だけしか行けてないんですが、そこでもグッズ破産してましたね……よくわからんユニフォーム型大阪会場限定Tシャツ12000円とか……ぼったくり商法……私が好きだった時上地雄輔ブーム?みたいな感じで映画やらドラマ、自叙伝とかすごい出してたので購入物が多かったです。ただ、上地くんのファンって宗教的な感じがあって、「うちのゆーちゃんが言うことは絶対!」みたいな感じと耳なし芳一カーが怖くて無事に脱教しました。彼の作詞作曲が好きなので今でも聴いてます。先日はお子さんが生まれたということでおめでとうございました。


推し、という担当ですね。とりあえず雑誌とCDは買ってました。ただ、雑誌は割と全員媒体だったり、連載、J雑誌が多かったので中身パラ見してビジュアル面とかメンバーとのショット、インタビュー内容を踏まえて選別してました。ただ、個人のみで載ってる場合とツアーの時のレポが乗ってる雑誌はどんなにページ数が少なくても必ず購入してました。家に切り抜きファイルが多分20~30くらいあるかと思います。あとはツアーも大阪一公演入れればいいかな、という感じ。関ジャニにガッツリハマってた時、高校生だったのと実家住みなのと受験生だったので積んだり、ムチャな応援の仕方はしてなかったです。CMや記者会見などの為に興味ない番組やら朝のワイドニュース録画したのをまとめてDVDにしたりしてました。家にジャニ勉やら仕分けエイトやら音楽番組まとめたDVDあって捨てるに捨てられずの状態です。後は田舎なので、セブンイレブンのくじとキティちゃんのためにチャリンコで山ふたつ越えたりとか5キロ先のとことかいってました。アクティブ。
絵を描くタイプのおたくだったのと、まぁお察しやらで鍵垢で活動してました。支部とかで気になる方をフォローさせて頂いたり、基本鍵の方としか繋がってなかったです。同担拒否も起こさず、みんなで丸山くん可愛いマイムマイムしてましたね。



石田隼くん
私の人生を狂わせて人物です。テニミュで落ちたので、できる限り大阪の公演数増やして福岡やら東京行ってました。これのおかげで遠征って割とひょいっとできるんだな、とその経験が今とっても生きてます。ガチ勢の方々にくらべたらゆっるゆるでしたけど、はじめて貢ぐ喜びを知りました。毎公演お手紙を書いて、1回マックス9枚?ぐらい書いたことあります。最後らへん書く事が「丸々のシーンの中指の角度が~」とか「ライトが当たってない時の眉毛の動き方が~」とかぶっちゃけ気持ち悪かったと思います。プレゼントとはそんなにめっちゃくちゃ高価なものも送らず、稽古着とか普段着に着れそうなのとか。物持ちが良いのか、お洋服のローテーションが常に決まってたり、テニミュブログのお写真のときにいつも同じお洋服だったり……。今でも四年前に着てた服きてるので、そろそろお洋服入れ替えましょうよ……。
あとは、SNSの更新される画像で死ぬほどわいてました。なんかもうしゅんくんが何してもカッコイイ~しゅきしゅき〜好きしかねぇ~〜好きつの~!!!って感じでhappyおたくでした。リプ垢は無かったですが、ブログは毎回コメント残して……。あとは座席当選とかTSCのサインポスカとかは当たればラッキーくらいに考えてたので、ツムツムも特にしてなかったです。同担拒否するほど、おたくがいなかったので、逆に同担さんと繋がって素敵さを語り合いたい!!派でした。マウント行為とか取れるほど、自分のオタクに特別ファンサとか客降りで優先とか認知発言とかもなかったので、とっても平和でした。嫌いになって降りたわけじゃないので、関西にくる舞台で出演されているのがあれば観にいきたいと思ってます。あったかい演技をされる方なので、テレビよりも舞台俳優を続けて欲しいなと勝手に思ってます。当時彼のおたくだった人でいまでもおたくしてる人はどれだけ残ってるのでしょうか……。あとおたくにスタンドのお花出してもらったときはちゃんと全部写してブログかTwitterにあげた方がいいかと思います……。



小林豊くん
ボイメンにハマるきっかけです。もともとテニミュ2ndの観月さんと仮面ライダーしてたっていうので認識はしてたんですけど、気がついたら恋レピのイベントにどっぷりんしてました。本気で「小林豊はこの混沌とした人間界を救うために天界から舞い降りてきた天使さん」っておもってましたね。すごい痛い。ただ、接触ありのhappy現場が二回目連続目の前で豊くんの特典券がうりきれて、俊介くんのところへ行ったことがきっかけで特典会はいつも俊介くんと豊くん1枚ずつにしてました。同担拒否もなかったです。豊くんは天使さんなんで、同担拒否も何も全ての人のものであり私ひとりがどうこう言うのは違うと思ってました。やっぱり痛いです。でもまぁ、リリイベの時はファンサ欲しかったので、同厨牽制はしてました。近くにいると私にくれてるのはほかの人にあげてるのか分かりませんしね!!!



いっっっちばん面倒で厄介なおたくだったと断言できます。もともと、前述してたように豊くんと俊介くんの二推し的なかんじだったんですけど、俊介くんに対して抱いてる感情って割とリアコ的なのわかってたんです。まず、ガイシとかぼいないあたりのビジュアルがめっっっっっっっちゃ好みなんです。前髪が目にかかるかかからないかぐらいのが好きなんです……伸ばしてお願い……切実です……。
なので、本格的に推し始めたら「接触マウント取りたがりのファンサレス欲しがりのメンヘラ厄介オタク」になるって思ってました。実際なりました(白目)まぁ、清々しいほどの同担拒否でしたね!やばかったのは、TLに私と俊介くんのツーショット意外の写真が流れてくるのが嫌すぎて、Twitterで「俊  おすそ分け」とかで検索しておすそ分けしてるアカウント片っ端からブロックしていってました。あと、会場とかでもなるべく田中推しを視界に入れたく無かったし、同推しみちゃうと白のキンブレを赤く染めそうになってました。ひどい。接触の時は必ず鍵開けから5人以内に入れるようにしてました。あとはまぁ、推し変ブログにも書いたように情緒不安定で秒単位でモチベが動く感じでした。後半しんっっっどかった……。



米谷恭輔くん
ココロが浄化されました。前ブログで書いたようにしてあるようにあんなに汚れきって淀んでいた私の心をピュアホワイティに真っ白にしてくれました。同担拒否も起こさず、ステージに立つ米谷くんの全てがかっこよくて魅力的すぎます。久しぶりにこんなに楽しいおたく活動してます。レスなんてそんな大層なもの頂くなんて……ってぐらいの精神で、接触もお話するのがとってもとっても楽しいです。感覚的には隼くん推してる時と似てます。彼のすべてに沸くこの感覚ひさびさに体感して、オラわくわくすっぞ状態です。行ける時に行って積める時に積めるおたくをしていきたいです。



以上がこれまでの推しスタンスです。書き出してみたもののあんまり面白くも何ともないですね……。ただ、小学校の頃からおたくの根源となるパターンが決まっているのもなかなかな恐怖ですね。イケメンにお金を使う快感を当時から知ってましたよ……。
推し相手のお仕事内容やジャンルによって推しがスタンスが変わることも多いので、書き出してみると自分の系統がわかりやすくて(個人的には)楽しかったです。